Loading...

ANG(アネゴ)ブログ中特グループが行っている中特プロジェクト

ANG(アネゴ)ブログ

中特グループの女性スタッフによるブログです。

記事一覧

フランス旅行

2020年01月23日

今年のお正月は長期連休になりましたが、みなさんはどのように過ごされましたか?

家で寝正月だったり、初詣に行ったり…。

私はこの連休を利用し、昔からの夢だったフランス旅行に行ってきました!

数年前からカレンダーを見て、2019年の年末は長期連休になることが分かり「この連休でフランスに行きたい!」と話していたところ、仲の良い友人が「もし行くなら声かけてくれたら一緒に行くよ!」と言ってくれていたため、友人を誘って二人旅をしてきました。

 

では見に行ったところをご紹介します。

・ベルサイユ宮殿

「朕は国家なり」という言葉で有名なルイ14世が建てた豪華な宮殿です。豪華絢爛。

帰国後にフランス革命について調べ、「よく歴史を知ってから行けばよかった…」と後悔しました。

・マドレーヌ寺院

名前の「マドレーヌ」はお菓子の「マドレーヌ」ではなく、キリスト教の「マグダラのマリア」からきているそうです。

ギリシャのパルテノン神殿のような巨大な建物で、内部は荘厳な雰囲気の教会でした。

・日帰りでイギリス(ロンドン)

フランスとイギリス間はドーバー海峡にトンネルがあるので、「ユーロスター」という新幹線で日帰りが可能です。

行きでは入出国手続きで1時間遅れ(乗車人数に対して係員が少ないため大混雑)、帰りはパリ到着寸前で人身事故があり1時間停車…とイレギュラーが続きました。

ロンドンは東京のように観光のしやすい街で、地下鉄の表記が分かりやすかったです。

大英博物館は「強盗博物館」と揶揄される(植民地からとってきたものばかりなため)ように、

エジプトのミイラやモアイ像など、ありとあらゆるものがありました。

・モンサンミッシェル

オベール司教の夢で大天使ミカエルが「あの岩の上に教会を建てなさい」とお告げをされ

できた教会。最初オベール司教は信じず、同じ夢を3回見たときにミカエルに頭蓋骨に穴を開けられ、起きて確認したら頭に穴が開いていたのでやっと信じたそうです。

パリからは東京~名古屋間くらいの距離があります。

・オランジュリー美術館

見どころはモネの大睡蓮。シニャックの点描画が美しかったです。

・オルセー美術館(あまりに楽しく文章が長くなってしまったので次回説明します)

・エトワール凱旋門

パリ市内には凱旋門がいくつかありますが、その中でも一番大きく有名な凱旋門です。

当初できたルーブル美術館前の凱旋門は、ナポレオンが「ちっちゃい!もっと大きいの建てよう!」と言ったため、現在のエトワール凱旋門ができたそうです。

↓エトワール凱旋門                ↓ルーブル美術館前の凱旋門

・エッフェル塔

エッフェルさんがパリ万博の際にデザインした塔。当時は民衆が建設に大反対だったようで、数年で取り壊す予定だったのですが、出来上がってみると「いいんじゃない?」ということで現在も残っているとのことです。切り絵細工のように繊細で美しい塔でした。

・ルーブル美術館

数々の素晴らしい作品が展示されていますが、元々は宮殿だったため内部が非常に分かりづらい…。気が付けば「ここはどこ?」という迷子状態でした。ガラス越しに時間制限の中で見る「モナリザ」は、正直よく分かりませんでした(笑)

・サント・シャペル

パリの始まりと言われる「シテ島」にある、ステンドグラスの美しい教会です。ステンドグラスは絵になっており、キリスト教の物語が描かれています。近くには火災で燃えてしまったノートルダム大聖堂があり、年明け2日でしたが修復工事が進められていました。

・オペラ・ガルニエ

「オペラ座の怪人」で有名なオペラ座です。豪華絢爛で美しかったです。

 

現地に行ってみて初めて知ることも多くありました。

・キャッシュレス決済が進む理由

単純に硬貨が重い。ちょっと現金で買い物をするとお釣りの小銭で財布がずっしり。

できるだけ小銭を持ちたくないと心から思いました。

 

・歩行者信号が点滅しない

日本だと青→赤に変わる際に点滅しますが、いきなりパッと赤に変わります(危ない)

なんで点滅させないのだろう?と考えましたが、おそらく「点滅させたところで急がない」からかなーと。現地の方は基本赤信号でも車が来ていなければ気にせず渡っていました。

・自販機とコンビニがない不便さ

フランスにはコンビニがありません。ちょっと飲み物を買うにしてもスーパーマーケットに買いに行かなくてはなりません。どこにでも自販機やコンビニがある生活がありがたいものだったのだと気づきました。

 

・安定のマクドナルド

フランスのマクドナルドは注文がタッチパネル形式。言語が選択でき、注文レシートと商品を引き換えるシステムです。味も日本と変わらず、食事を注文する際の不安がないのでほぼ毎日マクドナルドで食事をしていました。

 

・エコに対する意識

日本でも買い物の際はエコバック持参が進んできましたが、フランスではエコバックは必須。紙袋を用意してくれるところがごく稀にありますが、基本的には何も袋にいれてはくれません。プラスチックの袋は一度も見ませんでした。ベルサイユ宮殿のような観光地のお土産屋さんでも袋はありませんでした。

 

・ヤドリギの存在

モンサンミシェルへ向かう途中に、落葉樹にポコポコとくっついている丸いマリモのような存在。調べてみるとヤドリギという寄生植物でした。(日本にもあるようですが今まで見たことがなく、バスの中で「何あれ!?」ととても驚きました)

・フランスの朝

朝起きて動き始めるのが遅いと聞いていましたが、のんびりなわけではなく日の出が遅いことが理由でした。朝8時前でも外は真っ暗。朝焼けは水色の空に広がった雲がピンクに染まり、非常に美しかったです。

・フランスのごみ回収

ごみ収集車が走っていると気が付くと目で追ってしまいます。

日本のごみ収集車より大きな車両で、専用ボックスをセットすると自動でごみを投入する仕組みでした。このような車両は見たことがなかったので驚きでした。

 

人生で初めてヨーロッパを旅してみて、行く前はいろいろと不安がありましたが、行ってみると「案外なんとかなる!」ということを身をもって体感しました。

 

一番の不安は言葉が通じないことでしたが、観光客が多い町のためか皆旅行者に優しかったように思います。うまく伝わらない時でも、嫌な顔をされたりため息をつかれたりといったことは一度もありませんでした。

お店で言葉が聞き取れない時にスマホの翻訳アプリを差し出すと話してくれたり、バス乗り場が分からず困っていると現地の方が声を掛けてくれ、片言で伝えると「ここじゃなくて橋の向こうだよ」と教えてくれたりと、現地の方には何度も助けられました。

 

また、思い切って旅行に行けた理由は会社の社員旅行にあります。昨年の台湾旅行で、自由時間にスマホの地図を使って町を散策したことで「スマホがあれば海外でも個人旅行ができる!」と自信に繋がりました。この経験がなければ、おそらく「夢だけど、やっぱり怖いし…」と諦めていたと思います。

 

個人での海外旅行は不安もありましたが、それ以上に自分の知らない世界を体験でき一生の思い出になりました。

ちなみに次回の年末年始の長期連休は2024年の年末です。

皆さんも旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

投稿者:相本

 

我が家の一工夫~ティッシュ編~

2020年01月16日

こんにちは、ポータルハートサービスの野島です。

前回私が担当した記事では、我が家のカレンダーの一工夫を紹介させていただきました。

(2019.12.12「お気に入りのカレンダー」)

今回は、これもまたどこの家庭でもある必需品の一工夫を紹介します!

 

我が家は5人家族です。

みんなが集うテーブルで必ず使うのがテイッシュ。

こぼしたり、口周りを汚したりは当たり前。

食事中の「テイッシュ取って~」が何とかならないものか・・・

そこでひらめいたのがコレ

テーブルの下にテイッシュケース貼り付けました!

これであちこちに移動していたテイッシュを探すことも、食事中の手も止めることなく各自で手を伸ばして使っています。

また、寝っ転がらないとテイッシュの存在感が分からないので生活感を無くすインテリアにもなったりします

 

★作り方★

100均で売っているテイッシュボックスケースを用意します。

中にテイッシュボックスを入れて普通に使うとこんな感じです。

テイッシュボックスケースとテーブルの裏それぞれにマジックテープを貼り付けます。

(マジックテープはアイロン不要のものを使用)

これをくっつけたら出来上がり

こちらのケースは横が開くので貼り付けたままでテイッシュボックスの取り換えもスムーズです。

子供が小さくてテーブルの下で遊ぶ時期はケースがつぶれたこともありましたが、落下したことは一度もありません。

ピンと来た方、ぜひお試しください

 

投稿者:野島(ポータルハートサービス)

あけましておめでとうございます

2020年01月08日

元号が令和になってからの初めてのお正月。

皆様、どのように過ごされましたでしょうか?

我家は昨年、子供の結婚、義母の見送り、その他諸々人生の次のステージへの

移行を思わせるさまざまな出来事があった一年でした

令和初めての元旦。

私は、人生次のステージに向けて今話題の≪断捨離≫をひとつのテーマと決め、

今年から日々スッキリと生活していこうと目標をたてたところです

 

“余分なものは身の回りから取り除いていこう”

この意識で周りを見渡すと何と余分なものだらけなことか

まず、家の中。

いつか着るとクローゼットを占領している実は全く着なくなった洋服の山。

いつか使うと思い押し入れの奥にしまい込み忘れ去られた雑貨たち。

そして私の行動。

買い物ついでについ要らないものを買ってしまう。

なぜか嬉しくなって特売の食料品、日用品を必要以上に買い込む。

 

その他にも見渡せば随分と無駄の多いことか

その光景を見ただけで一気に気分も萎えるのです・・・

ですが、ここは頑張りどころ

少しずつ少しずつ無理をしないで (笑)・・・実行あるのみ

 

最近、ミニマリストという言葉が流行っていて

最小限で丁寧な暮らしを実現する人のことなんだそうです

私の今の生活からは程遠いですが目指したいですね

身も心も軽やかにして、最終目標は、“元気で100歳”です

 

投稿者:エコ事業部 阿部典子

 

お片付け!

2019年12月26日

以前、終活カウンセラーの資格を持つANGのブログに
「え?あたしンちゴミ屋敷じゃない」と…
まさに我が家にも、そのような部屋が一室あります。通称、物置部屋
とりあえず今日は忙しいから、暇になったら片付ける…と言いつつ、物置部屋に置いていく日々…
夏はあの部屋はクーラーないから涼しくなったらね…今日は気分じゃあないからまた明日…。気が付けば年の瀬です
先日、新年を迎えるまでにはと思い、いざ片付けを開始


その時は捨てれないと思っていたものも時間が経つと”なんで取ってたんだろう?”と不思議に思うものもあれば、
やっぱり悩むものもあります。とりあえずの物は、ここに置いてと作業を進め半分ぐらい片付けたつもりが…
とりあえずの物がただ場所を移動しただけで実際はあまり片付いていない
そんな時には休憩しながらネット検索。
捨てるコツや片付け、収納方法などを参考にイメージは膨らみますがなかなか実践できない…気が付けば、
あれ寝てた
そんな週末を最近は送ってます

この物置部屋を片付けたら、自分の部屋にしようと考えており、また機会があればその後を報告させて頂きます

それでは皆様、良いお年をお迎えください

投稿者:リライフ 福田博子

 

 

インフルエンザ注意報

2019年12月18日

皆さんお楽しみ様です。

あっという間に年末がやってきてしまいました。

この時期、心配なのがインフルエンザではないでしょうか・・・

我が家には3人子供がいますが、先日一番下の娘がインフルエンザになり

1週間遅れで、次は息子がなってしまいました・・・

 

このパターンでいくと、来週は長女が・・・とならないよう、

手洗いうがい、家でもマスク着用を徹底しました。

(会社規定により、お休みも頂き、現在もマスク着用しております)

 

 

ところで、我が家の子供たちは二人ともA型のインフルエンザなのに違った熱の上がり方でした。

娘の場合は、発熱後40度の高熱となり、3日目に平熱に下がりました。

 

一方息子の場合は、発熱後、翌日朝には平熱に戻りましたが、その後また39度近く上がり、

3日目に平熱に下がりました。

息子の時は一度平熱に戻ったので、登校させるか、休んで病院へ行くか悩んだのですが、

病院へ行って大正解でした。危うく学校でインフルエンザを振りまくところでした。

ただ、今週は学校で「セレクト給食」という、私たちが子供のころには無かった給食のシステムがあり、

ケーキを3種類から選べたようなのですが、食べることができず、相当悔しがっていました。

 

学校では学級閉鎖、学年閉鎖にもなっていますし、

この時期は、体調が悪い時は、本人の為にも、周りの人に迷惑を掛けないためにも、

きちんと受診することをお勧めします

 

 

予防接種以外に、皆さんはどんな予防策を行っていますか

 

ちなみに、総務のAさんのお宅では温湿度計を設置して乾燥してきたら

「インフル注意報」が表示され、加湿器の電源をONにするそうです

 

インフルエンザにかからないように予防がとても大切だとあらためて感じました。

 

投稿者:髙松

お気に入りのカレンダー

2019年12月12日

こんにちは!ポータルハートサービスの野島です。

整理収納アドバイザーでありながら実は私・・・超ズボラです

出来る限り無駄な動き(家事)をしたくないなあ…と常に思っております。

こんな主婦の私ですが、今回は我が家の時短につながる収納テク()アイデアをご紹介したいと思います。

 

まずは、各家庭で必ず目にするコレ

そう。ごみ収集カレンダーです。

色使いといい、生活感丸出しの感じが個人的に苦手です。

けど、日々のごみ出しには無くてはならないモノですよね。

 

そこで我が家はこのごみカレンダーにひと手間かけて利用しています。

それがコチラ☟

家族全員が毎日目にするカレンダーにゴミカレンダーを貼り付けました

家庭に配布されるごみカレンダーは1枚なので両面を1枚づつコピーして切り取り、貼り付けています。

こうすることで家族のスケジュールとゴミの分別日が一目で分かります。

また原紙をコピーすることで原色使いのごみカレンダーも薄い色になり、インテリアの邪魔にもなりません。

ちなみに我が家で愛用しているカレンダーは無印良品のファミリーカレンダーです。

無駄な絵や文字が一切入っていないシンプルなデザインで、最大5人分のスケジュールが書き込めるすぐれもの。

みなさん、来年のカレンダーはもう準備されていますか

まだの人はぜひカレンダー選びを楽しみましょう

私たち中特グループのカレンダーも「書き込み欄も数字も大きくて見やすい」と大好評ですので

ご要望の方はご連絡くださいね  

※数に限りがありますのでお早めに

自分のライフスタイルにあったモノが見つかるといいですね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

投稿者:ポータルハートサービス 野島

人生初体験!!

2019年12月06日

こんにちは。CS営業部古賀です。

すっかり寒くなり、気がつくとひと月しないうちに新年がやって来ます

久しぶりの投稿になります。今日は、人生初体験のお話を書いてみます。

大人になると、なかなか初体験もできない、毎日同じような日々を送っています 

と、ある日吉本社長より奇跡のお声かけをいただきました。

 

古賀さん、11月の17日は空いてる?

気球体験のチケットがあるんだけど〜

 

気球 行く行く、行きます。行かせてください。

乗ったことないです。

 

大人4人分のチケットが当たったそうですが、

急遽別のご予定が入ったという事で、白羽の矢を立てて頂きました。

 

「YAMAGUCHI MAGIC!秋冬の旅キャンペーン」

空から魅る超絶景!熱気球体験が岩国市で開催。

錦帯橋や清流錦川の絶景を空から眺めるイベントで最大約30mまで浮上します。

1回の搭乗時間は約5分、空中遊泳を楽しんでみませんか。

というキャンペーンデス。張り切って家族で参加させていただきました。

 

参加総数250名(恐らく大変な倍率と思われます。県外からもたくさん参加されていました)

錦帯橋河原に7:30集合です。当日は上流から下流に向かってかなり風が吹いていました。

後から聞いた話ですが、前日は風が強すぎて気球は上がらなかったそうです。

ドキドキ、今日は上がるのかしら?

8時より開始となっていましたが、パイロットの方が、

諦めるより、やってみよう。僕にもう少し時間をください。

とチャレンジを続けられ、奇跡の瞬間が。40分遅れで搭乗開始となりました

8人ずつの搭乗で、地上約30mまで浮上します。

重石がないとどんどん浮上してしまうので、搭乗も1人降りて1人乗るという方法です。

 

さらに1時間待って、とうとう140番目の私たちの番になりました。

気球に乗ると、案外安定感が良く、

パイロットの方がバーナーでゴー〜ーーっと浮上させると、

ふわふわっと浮かんで行きました。

上流側には岩国城と、紅葉がちらほら始まった山が。

眼下には錦川と錦帯橋…

日頃見慣れない景色が目の前に広がり、5分間の夢の世界を堪能しました

 

人生初体験で、ワクワクドキドキの優雅な休日を楽しんだ後は、

GRANDCHIEF といアメリカンなハンバーガーショップで腹ごしらえして帰宅しました

素敵な1日を有難うございました

投稿者:CS営業部 古賀洋子

お引っ越し

2019年11月25日

この度、ダチョウ施設を新しく建て替えて頂きました。

8月31日(土)13:00時に、お引っ越しです。

今までの場所と、ほんの数メートル離れた目と鼻の先では、ありますが

ダチョウは凄く繊細な生き物です。

無事、移動が出来る様に移動前に7羽のダチョウの子供達と

私とでKY活動をしました。

「慌てず急がず周囲の確認をし鋼管パイプに足を引っかけない様に

足元には十分気を付けましょう。ご安全に!!」

理想は、私が先頭を歩きダチョウの子供達が一列に並んで

歩いてくれる事ですが、まぁーそれは無理です。

私は移動時間に3時間はかかるであろう早くても2時間、

何時間かかっても怪我なく無事に移動してくれる事をただただ願っていました。

いざ予定時間の13:00時になりました。

あの手、この手を使いハプニングも有り理想と現実とでは、

ほど遠かったですが、43分で移動完了

皆、無事に怪我も無く、お引っ越しをする事は出来ましたが、

人間にとっては、目と鼻の先では有りますがダチョウの子供達にとっては、

別の場所です。広い施設で4ケージ有るのですが1ケージに

7羽が固まっています。7羽が一緒の方が安心するのでしょうね 

2週間たった頃から徐々に慣れて来てくれて卵を5羽の女の子全員が

産みはじめてくれました。

3か月たった今では、全てのケージを使い暴れん坊チョウちゃん(男の子のダチョウ)

に皆が追いかけられ走り回っています。

 

皆の元気が私の願いです。

 

投稿者:(株)リライフ 富塚光世

 

振り返るとアッという間の30年!!

2019年11月19日

平成元年に工業高校卒業後、中国特殊(株)へ入社しました。
入社当時は水質検査業務を行っていました。その後、結婚出産を経験しましたが育児休暇を取り仕事は続けさせていただきました。

今でも思い出すのが、今年高校3年生になった息子が2~3歳の頃、冬のまだ夜が明けないうちから家を出て保育園に向かう道中に「ママ、いま朝?夜?」とよく聞かれていました

淋しい思いもさせたと思いますが、今は自分の目標を見つけて受験勉強を頑張っています 間違ってなかったかなぁと思うようにしています 

子育てと仕事の両立は容易なことではありませんでしたが、周りの皆さんのお陰で何とかやってこれました

本当に感謝の気持ちでいっぱいです

自らの経験を生かして、これから結婚出産を経験される中特グループの女性社員の皆さんのお力になりたいと思っています。

人生百年時代と言われておりますが来年でやっと折り返し地点です 
来年下の子も高校卒業して手が離れ、自分の時間が持てる予定なので、何か新しい事にチャレンジしようかなと考えています

1度きりの人生、楽しんだもの勝ちですね

投稿者:(株)吉本興業 伊藤一美

 

New ANG!

2019年11月13日

総務管理部総務人事グループに新しいANGが増えましたので紹介させて頂きます

鈴木美穂さんです😃

おしゃれが好きで、みんなからは「マージン貰ってるんじゃないの~(笑)」と

言われるぐらい某通販サイトのお買い得情報をマメにチェックしているようです

 

ほかにも先日、下記のようなやり取りがありました。

S社員「汚泥がね・・・」

鈴木さん「食べた~い♪」

S社員「え・・・?」

鈴木さん「おでん♪ですよね♪」

S社員「いやいや、汚泥だよ・・・」

食べることが大好きなようです 

 

持ち前の明るさと優しさのお陰か、事業部の方が総務へ来られる頻度が高くなっており

入社して約2か月ですっかり頼れるANGになっています

 

そんな優しさあふれる鈴木さんですが、実は体育会系!

上を目指したらトップを取るまでは止まらなくなる一面もあるようです

ちょっとずつ天然なところ(笑)がバレつつある鈴木さん。

また鈴木さんの天然エピソードを披露する機会があればこの場で発表しようと思います(笑)

みなさん、New ANG宜しくお願いします。

早く中特グループの皆さんに覚えてもらえるようガンバります! 鈴木

 

投稿者:総務管理部 坂本 相本