産業廃棄物処理 | 法人向けサービス 中特グループ Japan オフィシャルサイト
産業廃棄物処理イメージ

産業廃棄物処理

Industrial waste

オフィス・店舗・工場・建設現場などから排出される、あらゆる廃棄物を適正に処理しています。

中特グループで廃棄物処理するメリット

オフィス・店舗・工場・建設現場などから排出される、あらゆる廃棄物を適正に処理しています。ISO14001、ISO45001、ISO9001(リライフ下松リサイクル工場)の認証を取得しています。また、リライフで行う中間処理物は製品と捉え、管理をし2次処分先に安定した品質で排出します。

受付フロー

液状・泥状廃棄物リサイクル

セメント原燃料化リサイクル

含水率の高い廃棄物は、改質処理を行った後に篩分・混合処理します。
塩素分の高い廃棄物は、脱塩処理を行った後に篩分・混合処理します。
※ 化学成分や状態により処理できない廃棄物もありますので、まずはご相談下さい。

受入対象廃棄物

・汚泥
 ・高含水:側溝清掃汚泥など
 ・低含水:建設汚泥、工場排水汚泥など
・鉱さい:サンドブラスト廃砂、廃鋳物砂など
・燃え殻:焼却灰、すすなど
・ばいじん:石炭灰、湿灰など
・他、許可品目

汚水処理

有機性汚泥やグリストラップ汚泥などを微生物を利用した活性汚泥法により汚水を処理します。処理後の汚泥は固定式脱水機で脱水後、コンポスト化やセメント原料化し、再利用・再資源化されています。

受入対象廃棄物

・有機性汚泥:製紙スラッジ、下水汚泥など
・動植物性油脂
・グリストラップ汚泥
・廃アルカリ:カッター廃水

産業廃棄物リサイクル

コンテナやフレコンで搬入される混合廃棄物は、選別ラインを通して種類ごとに分別されます。
種類ごとに分別した廃棄物を、さらに破砕・圧縮・溶融した後にリサイクル業者へ搬出しリサイクルを行っています。

受入対象廃棄物 (選別・破砕)

・廃プラスチック類:ビニール、合成繊維くずなど
・金属くず:サッシ類、鉄骨など
・がれき類:コンクリート破片、アスファルト破片など

・木くず:廃パレット、柱材など
・紙くず:工作物の改築・除去に伴うものなど
・他、許可品目

選別ライン
破砕機

処分に関する許可品目等

事業の区分「中間処理」

・優良認定産廃処理業者認定取得
 (優良産廃処理業者認定制度:通常の許可基準よりも厳しい基準に適合した優良な産廃処理業者を認定する制度です。)
・山口県エコ・ファクトリー認定

 山口県では、産業廃棄物の発生抑制やリサイクルに継続的に取り組み、成果を上げている事業所を認定し、事業者の意識喚起と取組の拡大を進めています。
 令和4年3月現在、63事業所(56事業者)を認定しています。山口県エコ・ファクトリーWEBページ

産業廃棄物の種類

汚水処理汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ 以上4種類
篩分・混合廃プラスチック類、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)・陶磁器くず(自動車等破砕物を除く。以上2種類)、燃え殻、汚泥、木くず、繊維くず、動植物性残渣、鉱さい、がれき類、ばいじん 以上10種類
脱水・脱塩汚泥 ばいじん 以上2種類
破砕廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)・陶磁器くず(自動車等破砕物を除く。 以上3種類)、紙くず、木くず、がれき類 以上6種類
溶融廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。 以上1種類 ) 以上1種類
選別廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)・陶磁器くず(自動車等破砕物を除く。以上3種類)、汚泥、紙くず、木くず、繊維くず、がれき類 以上8種類
圧縮廃プラスチック類、金属くず(自動車等破砕物を除く。 以上2種類)、紙くず、繊維くず 以上4種類
脱塩・分離・改質燃え殻、汚泥(無機性汚泥に限る。)、廃油、廃酸、廃アルカリ、ばいじん 以上6種類
※これらのうち、石綿含有産業廃棄物、水銀使用製品産業廃棄物、水銀含有ばいじん等及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。

保管容量:6,087㎥
年間処理実績:3.16万t (2020年度)

収集運搬提案

産業廃棄物を収集運搬する際に求められることは、産業廃棄物が外部に飛散・流出したり、悪臭を放ったりしないように目的地まで運ぶことです。
産業廃棄物の具体的な性状によって、対応する運搬車両の種類は異なってきます。
当グループでは用途や条件に応じて車両を使い分けることにより、作業の効率化とお客様の多種多様なニーズにお応えしています。

強力吸引車

液状産業廃棄物の収集運搬

液状の廃棄物は当グループ所有の吸引車で運搬します。4t , 10t車がありますので様々な回収にお応えします。

水密式ダンプ車

液状泥状産業廃棄物の収集運搬

泥状の廃棄物は当グループ所有の水密式ダンプ車で運搬します。自動開閉シートが付いてますので飛散することなく、安全に運搬できます。

アームローダー車

固形産業廃棄物の収集運搬

固形の廃棄物はアームローダー車で運搬します。コンテナは脱着可能なため、現場などに設置することもでき、満タンになった時点でコンテナの交換を致します。

収集運搬に関する許可品目

産業廃棄物の種類

廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)・陶磁器くず(自動車等破砕物を除く。以上3種類)、燃え殻、廃酸、廃アルカリ、動植物性残渣、ゴムくず、鉱さい、ばいじん、汚泥、廃油、紙くず、木くず、繊維くず、がれき類(これらは、石綿含有産業廃棄物及び水銀使用製品産業廃棄物であるものを含み、水銀含有ばいじん等及び特別管理産業廃棄物であるものを除く。) 以上16種類

arrow_upward