リボントートバッグの作り方 ANGブログ | 中特グループ Japan オフィシャルサイト
中特グループ
ANGブログ

リボントートバッグの作り方

2020/6/10

こんにちは。初めまして、ミネ嫁です!画像20今回は税抜き300円で作れるリボントートバッグの作り方を紹介します!

定規も待ち針も使わずにやってみましょう!

 

 

 

 

画像を多めに用意しましたのでゆっくりご覧になってくださいね。

 

画像1

 

 

 

 

 

 

 

 ①100均でハギレを買いました。表地、裏地、リボンになる手提げの部分の3枚です。

自由に選んでくださいね。

柄に柄を合わせても可愛いですし、同一のトーンでまとめてもシュッとして良いとおもいます。

 

 

画像19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像3端から糸がニョロニョロ出ていますね。

これらをハサミで切っていきます。結構な量になりました。

 

 

 

 

画像4

 

 

 

 

 

 

 

続いて折れ目のついた生地をアイロンがけしていきます。

多少皺が寄っていても味になりますが、私はピシっとさせると気持ちが良いのでそうしています。

後々縫っていくときも癖づいていないほうが縫いやすいです。

 

 

画像5

リボンの手提げになる生地を半分に裁断しました。

 

 

 

 

 

 

画像6同生地を巻き四つ折りにし、アイロンをかけます。

この一手間をかけることにより、待ち針なしでそのままミシンをかけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像7生地の端を裁断し、内へ1センチ折り込み、アイロンをあてました。

これで待ち針もせずにミシンで縫えます!

アイロンが面倒でしたら待ち針のみでもできます。自由にやってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

画像82ミリあたりを縫います!私はステッチ(ミシンの縫い目)が好きなので、ぐるっと1周縫います。

糸は何色でもかまいません。赤でも紫でもお好きな色を使ってみてくださいね。自由です!

 

 

 

 

 

画像10鞄の本体の短辺両サイドを縫いました。表地同士を内側にして重ねて縫ってください。

この生地は裏表が分からなかったので表地裏地のことを考えずに縫いました.

100均のハギレの良いところはサイズが概ね同じなので 表地と裏地を大ざっぱに重ねるだけで縫えます。

 

 

 

 

 

 

 

画像10縫った両端を割り、アイロンをかけ、両サイド(赤いライン)を縫ってください。

片側だけ、10センチほど手を入れられるように縫わずにおいてください。

生地を表に引っ張り出すときに必要です。更に注意点があるのでも読んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

画像11このように、で縫った両端がぴったり重なり合うようにしてください。

この箇所が鞄の口になります。縫ってるうちにずれちゃったりしますが、多少合わなくても裏地がたくさん見えても可愛いですよ。複雑なのはここまでです。

 

 

 

 

 

 

画像12縫った端を割ります。ついでにマチも作りました。裏地と表地それぞれに同じ幅のマチを作ります。

裏地を気持ち小さ目にすると収まりが良いですが、意識するくらいで大丈夫です。

軽い気持ちで自由に作りましょう。マチがいらなければまで飛ばしてください。

 

 

 

 

 

画像13

 

マチを縫って端を切りました。仕上がりまでもう少しです!

 

 

 

 

 

 

画像14穴から手を入れて生地を引っ張り出します!途中「これで合ってるの?収拾はつくの?本当に鞄になるの?」

と不安な気持ちになりますが大丈夫です。もうひと頑張りです!

 

 

 

 

 

 

画像15引っ張り出した後です!うわーーーーー!すごいー!もう鞄!100均の生地だとはとても思えないー!

とテンションが上がります。

 

 

 

 

 

画像16裏地の穴を縫います。手縫いのまつり縫いにすると縫い目も見えず美しいですが、

私はミシンでやってしまいます。自由に進めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

画像17鞄の口の際を1周と、際から2センチほどのところを1周ステッチします。しっかりしてきました。

もうこのまま鞄として持てるのでは?と錯覚しますが、あともう一息です!

 

 

 

 

 

 

画像18手提げになるリボンの位置を決めます。このあたりかな……?縫う直前で気が変わり、縫う面積を短めにしました。リボンが1センチでも長くなれば可愛い印象になるかな、と考えたのです。

もう片方も同じように縫ってリボン結びをすれば

 

 

 

完成です!!100均のハギレ3枚で仕上げたとはとても思えません!

楽しく自由にできましたー!待ち針を使わずに、と公言しましたが、マチを作るときと、鞄の口の際のステッチに使用しました。

有言実行できずすみませんでした。

仕上げたトートバッグは、財布、ハンカチ、500mlペットボトル、ウェットティシュー、スマホ、小袋のお菓子を入れて使っています。

ガバッと中身を見られるので使いやすいです。肩にリボンがくるのが可愛いなと自画自賛しています。

自分で作ったので「汚れれば洗える!300円だし!」と強気になれるのも良いですね。

軽くひと口で読めるブログにしようとしたのですが長くなってしまいました。

裁縫と料理が趣味ですが、どちらも自由に進めていけるのに細かい達成感が随所にあるところが大好きです。

皆様もぜひ、楽しい裁縫ライフを始めてみませんか。

それではまた!

投稿者:()リライフ ミネオカ社員の奥様

 

arrow_upward