気配り ANGブログ | 中特グループ Japan オフィシャルサイト
中特グループ
ANGブログ

気配り

2017/4/13

ポータルハートサービスのANGが
今一番気になっていることをご紹介します。

それは大和言葉や言葉の由来。
日ごろ何気なく使っている言葉には
一語一語に意味があり、先人たちの想いも詰まっています。

文章を書く機会が増え、パソコンに向かってキーボードを打っていると
「この単語は漢字ではなくひらがなの方が気持ちが伝わるかな」
「この言い回しは固いから、他の言い方はないかな」
と、手が止まってしまう時があります。

想いを伝えるのは難しい。
特に文章では。

私はANGブログの編集担当で、毎回ANGメンバーに記事を提供して貰っています。
ANGメンバーそれぞれの個性や想いを
ANGメンバーと直接会ったことがない人たちにも
文章を通して伝えたい、と日本語の由来や語源を調べるようにもなりました。

その中で「気配り」という言葉を見つけました。
気(心の働き)を配る。
親切ややさしさは、特定の相手へ向けての心の働きですが
親切ややさしさを、誰に対しても平等に向ける心の働きが気配り。

「配る」と聞くと固形物を想像しますが
昔は一つの池から東西南北へ水路を作り、周囲の田んぼへ水を流して配っていたから
誰に対しても平等に配る、という意味が込められているのです。

日本語って奥が深いなぁと感心しつつ、同時に
日本に生まれてきて良かったなぁとしみじみ思いました。

言霊の幸わう国で
お客様をはじめお取引先の方、また同僚や家族
誰に対しても平等に気配りのできる大和ANGを目指して今日も頑張ります!

※「言霊の幸(さき)わう国」とは大和言葉で
言葉が持つ霊的な力によって幸せになっている国という意味です。
ポジティブな言葉をどんどん発してしきましょうね!

arrow_upward