Loading...

めざせ!! Happy/Happy中特グループが行っている中特プロジェクト

社員活動状況

記事一覧

Y社員のイクメン日記vol.6

2017年07月20日

早いもので気が付けば子どもが生まれて6か月。
歯はまだ生えていませんが、今月から離乳食を始めることにしました。

とは言え、食べさせているのは病院が開いているお昼の時間帯です。
理由を聞くと、万が一食物アレルギー等の
トラブルが発生した時に対応が出来るから、とのことでした。

朝は子どもが寝ている時間に出勤し
帰宅後はお風呂に入れて寝かしつけるという生活なので、
当然ながら平日に自分が食べさせることはできません。

初めて自分で食べさせたのは、離乳食を始めて1週間程たった土曜日でした。「思っていたより普通に食べるんだな」というのが感想です。

スプーンを口元に持っていくと口を少し開けてくれるので、
上唇や上顎でこそぐようにお粥を口の中に入れてあげると
ちゃんと口を動かして食べていました。

妻の話では、離乳食初日はスプーンを唇に付けても
中々口を開こうとしなかったそうです。

ちょんちょんと何度か付けてやっと口を開けたとのことで、
赤ちゃんは「食べる」という自分たちにとって当たり前の行為も
最初は知らないんだな、と実感しました。

お粥には慣れたようで、今では目にするだけで
顔を近づけて口を開いて入れてもらうのを待っています。

ニンジンやカボチャといった野菜も食べさせていますが、
妻いわく初めての野菜を口にした時には
「何これ・・・」といった困惑の表情になるそうです。

離乳食は始めたばかりなので、現在はすりつぶしたお粥や
野菜を食べさせている段階です。

先日の休みには、離乳食を準備するところから始めてみました。
準備と言っても、冷凍されたお粥とニンジンペーストを解凍するだけですが・・・。
毎回お粥や野菜を柔らかくしてすり潰すのは大変なので、
妻が多めに作り小分けして冷凍しているのです。

今はまだ一日一回数口分の量をすり潰すだけで作れるので
比較的簡単ですが、離乳食を進めるにしたがって
食事回数が増え調理方法も手間がかかってきます。

妻に任せっぱなしにならない為にも、
離乳食作りのサポートが出来るよう勉強していこうと思います。

Y社員のイクメン日記vol.5

2017年04月12日

3月末に妻と子どもが里帰りから戻り、
家族3人での生活が本格的に始まりました。

子どもを迎えるにあたり、最後の1か月は
ほぼ毎日部屋の掃除・片付けを行い、
子どもが過ごしやすい部屋作りをしていました。
土日は熊本に向かい、子どもの荷物を持ち帰るなどしており、
「自分のために過ごす時間」というものが
ほとんど無かったように思います。

一緒に過ごし始めてまず気づいたことは
「あー」「うー」「ヒャーイ」など、泣き声とは違う声が
非常に増えていたことです。
これはクーイングと呼ばれ、言葉を出す
練習のようなものだそうです。
クーイングを出している時の子どもは
上機嫌で一緒に遊んで自分も楽しんでいます。

また手足をばたばたと動かしている様子も
先月と比べるとかなり力強くなり、
気が付くと布団を蹴って移動していることもしばしばあります。
少しずつ蹴るコツを掴んできているようで、
自分で布団から抜け出すようになるのも
時間の問題かもしれません。

それに、感情表現もだいぶ豊かになってきました。
以前は何かあったらただ泣くだけ、
何もなければ泣かずに黙っていただけでした。
それが嬉しかったり楽しかったりすれば声を上げて笑い、
不機嫌だったら唸るようになったのです。
泣き方にも、甘えて泣く・空腹やおむつが濡れるなどで
不快になって泣くなど、その種類が増えました。

日々成長しているわが子。
些細ながらも変化を見つけると嬉しくなるものです。

話は変わって、子どもが帰って来る前は、
自分の生活は何かしら変わるだろうな、と思っていましたが
具体的なイメージは何もありませんでした。

実際に親子3人での暮らしが始まると
その変化は想像以上。
今まで当たり前だった趣味や休息の時間は、
まったく無くなってしまいました。
子どものおむつを交換したり、
お風呂に入れたり、泣いたらあやしたり。
就寝時間も子どもに合わせて
これまでよりずっと早くなりました。
(それでも子どもからすると遅い時間なのですが…)

自分の為だった帰宅後の時間は、
子どもに費やす時間に変わりました。

差し当たって今の課題は、子どもへの時間は保ちつつ
如何に自分の時間を確保していくかということです。

Y社員のイクメン日記vol.4

2017年02月23日

先週末は久しぶりに帰省し子どもとふれあってきました。
赤ちゃんの成長は早いもので、いつの間にか5kgを超えていました。

そうなると沐浴に使っていたベビーバスも小さくなり、
今回の帰省中に初めて一緒に入浴しました。

一緒に入浴するとなるときに気をつけなければいけないことは
浴槽に入れるときに落としたりぶつけたりしないようにすることです。

重くなっている上に身じろぎをされるので
ふらついたり顔にお湯がかかったりしてしまいました。

会う回数が少ないため練習する機会も少なく、
今回の帰省中に赤ちゃんを上手く入浴させることはできませんでした。

妻曰く、「赤ちゃんの顔が終始緊張していて
安心して入浴してもらうにはまだまだだね」とのことでした。

育児は常に練習あるのみなので、
二人が戻ってきてからは積極的に育児に参加し
遅れを取り戻さなければならないと感じた週末でした。

Y社員のイクメン日記vol.3

2017年01月27日

今回は布おむつでの育児とお母さんへの
サポートについてお伝えします。

赤ちゃんのお世話で欠かせないのが
おむつの交換です。

便利で楽なのは紙おむつですが、
我が家では布おむつを使っています。

毎日洗濯機で洗う前に
おむつについた汚れを
洗濯板で手洗いしています。

洗う際にもうんちの色や匂いで
赤ちゃんの健康状態を確認することができます。

布おむつでの育児は洗濯の手間がかかる分大変ですが、
育てている実感や子供への愛情等がより強くなると思います。

出産後からしばらくは紙おむつのみを使っていましたが、
一部を布おむつに切り替えてからは圧倒的にゴミが少なくなりました。

また、育児のサポートをするだけが
育児休暇ではないと今回感じました。

新生児のお出かけは
病院での検診など必要最低限にする必要があります。

そのため赤ちゃんがいる状態では
お母さん一人だけでの外出が難しく、
一日が家の中で終わることが多くなります。

お父さんが買出しなどを代行することはもちろんですが、
授乳の合間に赤ちゃんを代わりに見守ることで
お母さんがちょっとでも外出が出来る状況を作ることも大切だと感じ、
お父さんのサポートは育児だけでなく、
お母さんの育児の息抜きサポートも必要だと思いました。

今週末で育児休暇は終了するため
妻が里帰りから戻ってくるまでのしばらくは離ればなれになります。

しかし、育児休暇を取得することで大切な時期に
育児に参加することが出来、父親として自覚するには
とても良い期間となりました。

今後は仕事と育児のバランスを考えた
より良い働き方を模索していきたいと思います。

Y社員のイクメン日記vol.2

2017年01月24日

今回は、日常の育児の様子をお伝えします。
赤ちゃん(新生児)の一日は基本的に
・寝る
・泣く
・母乳を飲む
・起きてもぞもぞ
・排泄(おしっこ・うんち)
の繰り返しです。

ある一日の様子を図にするとこんな感じになります。

このころの赤ちゃんは昼と夜の区別があまりなく、
お母さんは昼夜を問わず
おむつ交換と授乳をする必要があります。

お父さんの役割はお母さんが授乳の準備をしている間に
おむつを交換したり検温などといったサポートです。

おむつ交換のときに
特に気をつけなければならないことはおしっこ対策です。

おしりを拭こうとするときに
おしっこをされると様々な方向に飛び散り、
おむつカバーや衣類だけでなく
最悪の場合は布団や毛布まで洗濯しなければなりません。

一見寝ている様でも
おむつ交換時は常に赤ちゃんとの戦いです!
※今日は自分の服に引っかけられたので敗北…。

Y社員のイクメン日記vol.1

2017年01月20日

先日、待望の第一子が誕生しました。

現在妻は産後休暇中ですが、
今後は育児休暇を取得する予定です。
この育児休暇ですが、
男性も取得できることはご存知でしょうか。

今回自分は育児休暇を取得しましたが、
そのきっかけや産後の様子、
育児について綴り男性の育児休暇について
知ってもらいたいと思います。

育児休暇を取得しようと思った理由は、
父親として産後からすぐに一緒に
子育てをしていきたかったからです。

出産を終えたお母さんは、気力体力ともに
とても疲れ切っています。
ところがそんな状態でも
しなくてはいけないことはたくさんあります。

お世話になったた産院は、
出産したその日から問題が無ければ母子同室になります。
つまり、だるさ・痛み等の残る体で
授乳やおむつ交換を
行わなければいけません。

また、出産後は役所で行う手続きがいくつもあります。

まずは産後15日以内の届け出が必要な出生届。
扶養や医療費助成、児童手当等の手続きも
なるべく早くした方が良いでしょう。
退院後、これら全てをお母さんだけで
行うのは容易ではありません。

手続きはお父さんとして積極的に行う必要があります。
ですが、今回は里帰り出産で帰省先が熊本(県南)なので
1日2日の休みで行えるものでもありません。

こういったこともあり、育児休暇を取った次第です。

出産後、実際に動いてみた感想としては、
市役所での出生届の提出、マイナンバー入りの住民票の申請、
児童手当の申請、会社での健康保険への加入手続き、
扶養控除の手続き、
退院後の赤ちゃんを連れて帰るためのチャイルドシートの準備など…。

やることは山ほどあり、
時間がいくらあっても足りなかったです。

最後に、イクメン希望のお父さんに
是非とも知っておいてもらいたいものがあるのでご紹介します。

それは「お父さんの育児手帳」です。
役所で母子手帳を受け取る際に
様々な資料と一緒に受け取れます。

この手帳は「妊娠〜出産〜育児」に関する
お父さんの関わり方・サポートの仕方がまとめてあります。


※下記よりお父さんの育児手帳のPDFデータがダウンロードできます。
山口県HP「お父さんの育児手帳」

次回は、退院後の育児の様子について紹介したいと思います。