Loading...

環境方針 / ISO

環境方針

基本理念 中特グループは地球上の全人類及び地域社会とともに「持続可能な未来」を創るために、

「私たちは生活環境革命で人々を幸せにします」を使命とし、
社会環境課題解決に挑み続けます。

環境方針 限られた地球資源の有効活用を促進し地球環境に貢献するとともに、生活環境を豊かにします。
  • 1.中特グループは、一般廃棄物・産業廃棄物の収集運搬,処分,および再資源化、水処理、ポータルハートサービス等の全事業活動から生じる環境影響を的確にとらえ、次の項目について重点的に取組みます。

    (1)中特グループの事業活動の信条に則り、一般市民・企業および官公庁から委託される廃棄物の適正処理に努める事はもとより、廃棄物の再資源化拡大に積極的に取組みます。

    (2)汚泥等の処理・受入を拡大し環境影響負荷の軽減を図ります。

    (3)事業で使用する電力・燃料の原単位向上を図りCO2低減を目指します。

    (4)地域社会との協調を念頭に置き、地域及び職場の環境美化に努めると共に、各種勉強会の開催等を通じてお客様とのコミュニケーションを図ります。

       

    (5)地方自治体・NPO/NGOとの協働を行い共有価値の創造に取組みます。

  • 2.環境マネジメントシステムと環境パフォーマンスの継続的改善を行い環境汚染の予防等の環境保全に努めます。
  • 3.環境方針の達成のために、経営目標と環境目標および環境マネジメントプログラムを策定し、環境保全活動を推進します。
  • 4.環境側面に関する法規制、その他の要求事項を明確に遵守します。
  • 5.環境方針は中特グループで働く全社員および中特グループのために働くすべての人に周知します。またこの環境方針は社外に開示します。

平成30年8月1日
(株)中特ホールディングスCEO

橋本ふくみ

ISO情報

ISO14001登録概要

登録証

ISO適用範囲(全グループ企業の全業務に適用)

  • ・乾燥汚泥リサイクル業
  • ・水質検査業務
  • ・一般廃棄物収集運搬業
  • ・産業廃棄物収集運搬業
  • ・管渠清掃・補修工事全般
  • ・浄化槽管理業務
  • ・廃蛍光管リサイクル
  • ・汚泥改質施設
  • ・汚水処理場
  • ・浄化槽設置工事
  • ・管工事
  • ・排水設備工事
  • ・貯水槽清掃業務
  • ・給排水管洗浄工事
  • ・一般廃棄物再資源化業務
  • ・建築物排水管洗浄業務
  • ・発泡スチロール減容業務
  • ・解体工事

ISO14001取得への歩み

平成13年9月30日 ISO14001取得開始 午後1時 ISO14001キックオフ宣言
平成14年1月23日 コンサル テルムの宮崎氏と認証取得へのスケジュールの打ち合わせ
平成14年4月18日 環境方針の策定
平成14年5月8-9日 内部監査員養成教育 受講者事務局含めて13名の受講
平成14年5月10日 社員一般教育 全員受講 協力会社を含めて
平成14年5月13-14日 コンサル テルムの宮崎氏と認証取得へのスケジュールの打ち合わせ
平成14年6月6-7日 認証機関JACOによる初動審査受講
平成14年6月25-26日 第2回内部監査実施
平成14年7月25日 認証機関JACOによる本審査受講
平成14年8月12日 認証機関JACOによる判定委員会 認証登録
平成14年8月20日 認証登録 全グループの全業務でISO取得が完了いたしました。
平成17年8月20日 更新審査
平成18年7月17-18日 サーベィランス審査
平成19年7月13-14日 サーベィランス審査
平成20年6月16-17日 更新審査
平成14年6月25-26日 サーベィランス審査
平成22年7月21-22日 サーベィランス審査
平成23年6月6-7日 更新審査
平成24年7月26-27日 サーベィランス審査
平成24年8月 日本環境認証機構(JACO)より10年継続賞受賞
平成25年7月8-9日 サーベィランス審査
平成26年6月5-6日 更新審査
平成27年7月2-3日 サーベィランス審査
平成28年7月14~15日 サーベィランス審査
平成29年6月5~7日 更新審査 2015年版改訂移行審査
平成30年7月2~3日 サーべィランス審査