Loading...

D-story中特グループが行っている中特プロジェクト

D-story

中特グループでは、スーパーで発生する野菜くずなどのリサイクル方法としてダチョウによる食品リサイクルに取り組んでいます。

ダチョウは寿命が50~60年と長く、雑食性で1日に約10kgの野菜くずを食べます。
餌につかわれる野菜くずは、本来であればゴミ収集車で回収して焼却処分してしまう、スーパーで出る野菜(キャベツや白菜)の一番外側の葉っぱ等です。
野菜くずは水分が非常に多いため焼却に非常に多くのエネルギーをかけてしまいます。これらをダチョウの飼料として有効活用しています。これまで市の焼却場で焼却していた野菜くずをダチョウはそのまま食べ、処理施設や燃料を全く必要としません。さらに鶏の25倍もある大きな卵を産みます。

ダチョウの卵を使ったリサイクルループの構築に加え、卵を使った商品の開発を目指しています。

食品リサイクルループ

ダチョウの卵からハウスダストの抗体

               

ダチョウの卵から、ダチョウの世界的権威である塚本博士と共同でハウスダストに対する抗体を大量に制作することに成功しました。

メスのダチョウにハウスダストアレルゲンを接種すると体内で抗体がつくられ、血液を通じ卵の黄身に濃縮移行したものを大量に回収。現在、スプレー剤「アレプロテクト」として発売されています。ハウスダストを無害化しアレルギー症状を持つ人に対する高い抑制効果が確認できました。

スプレー剤以外にも化粧品やマスクや空気清浄機などにも開発適用中です。また、ジカ熱やインフルエンザ等への適用も可能性があります。

『ごみ』から『新規有用素材』を創出する新たな事業によって食品リサイクル並びにダチョウ研究にも興味を持っていただければ幸甚です。

ハウスダストを無害化 アレプロテクト
               

ダチョウの卵から花の粉バリア黒糖のど飴

               

ダチョウの卵黄抽出物を使った黒糖のど飴を販売開始しました。

               

平成30年4月塚本博士と共同開発した卵黄抽出物を使い、花粉の時期の『鼻のムズムズ』や『のどのイガイガ』対策キャンディーの販売を開始しました。

             
花粉対策のど飴
記事一覧

ダチョウが卵を産みました!

2013年03月04日

3月3日(日)にリライフ下松工場で飼育している
ダチョウが卵を産みました!
この卵をなにか活用してみようと考えています!
お楽しみに*キラッ*

ダチョウパワーを活用する、「Dプロジェクト」開始です!

2013年03月01日

ダチョウパワーで新しい「何か」をつくる!という、資源や環境社会の活性化を図るプロジェクトです。食品リサイクル事業の一環として、飼育過程などさまざまな取り組みの模様をお伝えします。