Loading...

ANG(アネゴ)ブログ中特グループが行っている中特プロジェクト

コラム

記事一覧

思い出を振り返ってみました☆

2019年10月18日

10月も折り返しを迎えてだんだんと寒さも増してきました。

吹く風もどこか冷たく、秋もだいぶ深まったなあと感じます

日が暮れるもの早くなり、仕事から帰宅して愛犬の散歩を終える頃にはもう、外は真っ暗です。

 

連日ニュースでは、台風19号の各地の被害の様子が報道されていますね・・・

被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

 

さて、突然ですが、私は京都が好きです。

年に何度か行くのですが、だいたいいつも1泊なので、物足りない!

ほんとは1週間くらい滞在してみたいです

行きたいところがありすぎて、いつも時間が全然足りないです(笑)

なので、今回は少し前に京都に行ったときの事を書きます。

私の趣味全開なので、それでも良いよという方はお付き合いくださいませ。

 

京都の観光名所はどこも、とても人が多いですよね。

特に日中は国内外からの観光客でごったがえしています

なので、頑張って早朝に行くことにしました。

2日目の朝、始発電車に乗って稲荷大社へ。実は一度はしてみたかった「早朝参拝」です

人がこんなに疎らだなんて、初めて見る稲荷大社でした。

早朝なので、空気も澄んでいるし、周りも静かだし、なんだか感動しました

そこかしこに猫もいるし、散歩中の犬もいますし、早朝ならではの光景でした。

初めての早朝参拝でしたが、眠いのを我慢したかいがあったなぁと思います。

ちなみに、稲荷山は途中まで登って引き返しました・・・

ホテルへ戻ってからの朝食がとても美味しかったです(^^)

 

順番が前後しますが、1日目に長円寺というお寺にお参りしました。

このお寺では少し変わったお参りをします。

また、このお寺は鳥羽伏見の戦いの際、幕府軍の野戦病院となりました。

新撰組ゆかりのお寺でもあるので、個人的に一度行ってみたかったんです。

閻魔大王様にもお参りできました

京都には新撰組ゆかりの地がたくさんありますね。

壬生寺近くの八木邸では、局長芹沢鴨が暗殺された際の刀傷を見る事ができます。

専門の方が、当時の事をわかりやすくお話ししてくださいます。

なので、歴史とか新撰組とか苦手な方にもオススメです

屯所餅もたいへん美味しかったです

まだまだ書きたいことはたくさんありますが、この辺で終わっておきます。

もし興味がありましたら、京都に行かれた際にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

投稿者:CS営業部 桐畑静香

迷い咲き

2019年10月11日

10月に入って朝晩少し肌寒く感じられるようになりましたが、日中は、まだまだ暑いですね

 

月曜日の朝、出勤するとK主任が、

「会社の入り口のところの桜の木、花が咲いてるんですけど知ってます?」

というので、早速

お昼休みに会社の門を出て少し歩いて行ったところに10本ほどある桜の木

上のほうを見上げてみると…

なんだか愛おしくて、しばらく眺めておりました

もし、下松工場の方に来られることがありましたら、ぜひ見てみてくださいね

 

投稿者:㈱リライフ 河村久美

 

 

 

在日外国人女子生活図鑑(二):突然燃えてきたロックの魂

2019年09月20日

ようやく残暑が和らぎまして、澄んだ青空が秋を感じさせますね。

このようなさわやかな季節の中に、皆様はどうやって過していらっしゃいますか

私は相変わらず音楽の世界に癒されています

 

今年の夏は中国の独立音楽(インディーズ)に対して、とても有意義な季節だと思います。

私の大好きなバンドが『The Big Band』という音楽番組で大活躍しました

ちなみに好きなバンドが二つあって、二つのバンドとも一人の日本人のドラムスを使っています。

このようなロックの津波に巻き込まれた自分も胸いっぱいで、盛り上がっています

日本の皆さんには想像しづらいかもしれませんが、今までロックバンドという音楽形態は、 中国では少数派の音楽であまりみなさんに知られていない音楽でした。

田舎女子の私も、 青島という都会に慣れていなくて劣等感を抱いていた大学時代に、 ライブハウスでロックバンドと出会いました。

そのおかげで、同じ音楽趣味の友達もたくさんできました

中国のロック音楽発展は日本やイギリスなどより、遅れていて、1990年代にその「黄金時代」に迎えました。 21世紀に入ると、現代商業化市場に適応しなくて、かなり縮んだと言われています。

それとしても、地下バンドは独立音楽の形で進んでいて、いろいろなジャンルに発展してきました。

その中でも『Midi Music Festivalという音楽祭りは、ロックバンドに対しても、 ミュージカルファンスに対しても、憧れの存在です

昨今の中国音楽界において、独立音楽が少数派のままでいいのか、商業化にしたほうがいいのかという論争が激しい状況でした。 が、現在、商業化はミュージシャンと多数のミュージカルファンスの間に有効なかけ橋になっています。 少数派か商業化か?どちらにしても、警戒心を持つべきだと思います。

ロック精神の中に一番貴重なのは現実に対する反省及び 自己革新というものです。

文系出身の私は理系が制覇している現実生活において、文芸が人間発展に対する意義について質問されることは珍しくないです。

私に対して、文芸は現実と衝突する時に対話してくれたり、反省を起こしてくれたり、癒してくれる存在です

投稿者:CS営業部 袁夢

初…

2019年09月13日

先月(8月)は私事ではありますが、人生で初体験な出来事が2つありました

一つ目 この春先ぐらいから娘があるプロ野球のチームを応援するようになり、球場で観てみたいとつぶやいたので行ってきました。

パ・リーグの試合を観戦できる、山口県から近い球場といえば福岡ドーム。

娘が応援しているチームは本拠地が違う為、球場一体での応援は体験できませんでしたが、ホームランボールが近くに飛んできたり、

私自身も球場で応援したことがなかったのでドキドキとても楽しい時間が過ごせました。

来年の夏休みは応援しているチームの本拠地へ旅行する予定です 

↑うちのかわいい次女(猫) ※よく男の子に間違えられます…

 

そして二つ目 ぎっくり腰になりました

朝、かわいい次女(猫)が足元に来たのであいさつをしようとかがんだ瞬間、背中に今まで感じたことのない違和感?

ん…?激痛?‥動けない‥。変な汗が…

朝の5時過ぎ…家族(人)は誰一人起きておらず、唯一私を助けてくれたのは、ネット検索でした。

色々と調べてみると納得できる言葉に出会いました。

“ドイツ語圏では、ぎっくり腰のことを「魔女の一撃」という俗称で呼ぶこともあります”。

あー、納得

現在は治っていますが、いつ狙われるかわからない魔女の一撃に対抗できるよう、

起きる時にはストレッチを欠かさないように心掛けています

投稿者:(株)リライフ 福田博子

私の大好きな場所♪♪

2019年08月22日

先日、山口県の北西部に位置する角島へ行ってきました。
夏休みということもあり、目的地に近づくにつれ車の量も増えとうとう渋滞に、、、
テンションは駄々下がり、、、時間だけが過ぎていきます
あと少し、あの角を曲がれば、、、
と、次の瞬間、視界がパーッとひらけブルーの世界が飛び込んできました。



どこまでも広がるブルーのグラデーション!
その先に白い角島大橋がずっと伸びています。この橋を車で一気に駆け抜けます。
これぞ圧巻の景色!!!テンションは一気に跳ね上がります



そうなんです。ここ角島は私の大好きな場所なのです

この日は、家族連れの海水浴客もたくさんでしたし、角島灯台公園周辺も多くの人で賑わっていました。
角島灯台の展望台からカーブを帯びた水平線を眺めていると、地球の大きさと美しさを感じ感動を覚えます。
そして、身体の内側からパワーがみなぎってくる気がします
ここは、私にとってのパワースポットなのですね。

四季折々、いろいろな表情を見せてくれますが、やはり、夏の角島の景色は本当に素晴らしい!
日本の橋ランキング1位に選ばれたこともある絶景スポットです。
是非一度、この角島大橋を駆け抜けてみてください。(≧▽≦)

あっ、そうそう、角島名物 ”サザエのつぼ焼き“もしっかり堪能いたしました
美味でした。(#^^#)

投稿者:エコ事業部 阿部典子

ステップアップ

2019年08月16日

残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかり猛暑が続きますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

弊社は8月から新しい期が始まります。

そこで今年、入社12年目を迎え 過去を振り返ってみました。

当時リライフの従業員人数は10人前後で施設も2施設、

今は30人弱と施設も7施設となっています。

私が入社した時の大先輩方は今は定年退職をされていますが

とても親切にして頂いた事は今でも、はっきり覚えています。

そのお陰で今の自分があり

又、8年前にはダチョウの子供達と出会う事が出来ました。

私にとって、とても恵まれた環境です。

私が大先輩から、うけた恩を後輩につなげられる様に

人間性を磨きますので、これからも 宜しくお願い致しますと同時に

皆で楽しみ今期も目標を達成させましょう!

 

この暑さは、まだまだ続きそうですが

どうぞ ご自愛の上お過ごし下さい

 

投稿者:㈱リライフ 富塚光世

 

台湾研修旅行☆

2019年07月26日

年に一度の、中特グループ社員旅行今年は6月となりました。

私は3班形成された第3班に参加させて頂きました。

最後の班という事もあり、第1、第2班の反応をひとしきり感じ、ワクワクドキドキの台湾へ行ったのです。

 

出発一週間前のヤフー天気予報では、梅雨の末期という事もあり、連日雨、雨、雨。

恨めしいことに、1,2班の天気はというと、カラ梅雨のせいか?晴天ばかり。

うう。うらやましい。台北101のタワーに上った時も遠くまでよく見えたそう・・

梅雨時期で、晴れる方が珍しいんだ。と半ばあきらめ、出発当日午前7時過ぎの新幹線で徳山駅より博多へ。

そしてタクシーで福岡空港へ向かいました

やっぱり福岡も雨かスーツケースには、折り畳み傘と雨合羽を準備。

雨の旅行を楽しもうと覚悟していた矢先、台北についた途端。なんだ、晴れてる

2泊3日の旅行に始まりです

詳しい訪問先は写真から汲み取っていただきたいのです

歴史や文化に触れ、五感を触発されました。

そして台湾料理のヘルシーな独特な、エキゾチックな味に堪能し、丸々と2kg太って帰った旅行でした

 

最後に、

外国に行っても、なんとなく側溝のグリストラップの匂いが気になったり、建築現場の杭打ち汚泥が気になったりするのは職業病でしょうか?

言葉が通じたら営業に回りたい古賀でした

 

投稿者:CS営業部 古賀

 

わたしたちの へっちー

2019年07月17日

中特グループでは、毎年 グリーンカーテンをしているのですが、今年は、各部署ごとに

へちまを育てております。

いちばん大きいへちまができた部署は、表彰されるそうです

手前(右側)のプランターが、私たちサポートグループのへっちーです

福田社員が「へっちー」と呼ぶので、いつの間にやら私も自然とそう呼ぶように

なりました。

たくさん花も咲いて、日に日にすくすくと大きくなっています

へっちーの成長をこれからもあたたかく見守っていきます

 

投稿者:リライフ 河村久美

ジェットコースター出産!!

2019年07月08日

はじめまして、こんにちは ! 

ポータルハートサービス、サポートスタッフの岩田です
今回、人生初!ブログを書かせてもらうことになりました。よろしくお願いします!

我が家には3人の娘がいますが、上の2人は一卵性の双子です

2人が小さい頃はよく「わー双子ちゃん!可愛い〜」とか、

若いお姉さんに「私も双子産みたいんですよぉ、どぉやったら双子ちゃん産めますぅ?」とか、

よく声かけられたりしました。

確かに、、同じ顔して、同じ服着てヨチヨチしてたらとっても可愛く見えるものです♫

が!育てるにはなかなかの体力と忍耐力を使うんですよー

 

我が家の双子、双子と判明したのは妊娠7カ月!

もうベビー用品や服など準備した後(もちろん一人分)でした。。

7ヶ月の腹部エコーで、突如胎児の頭が1つから2つに増えてて、先生ビックリ私動揺

どうやら今までは姉の後ろに妹がピッタリくっついていて、エコー検査時には全く姿を見せなかったみたいです。。(大きくなった今でも2人はこんな感じです〜笑)

それからが怒涛の日々でした。まず母子手帳を第一子分しか持ってないので、

慌てて第二子分を発行してもらいました。その時の市の保健士さんの勧めもあり、

大きい病院で検査してもらうと、「すぐ入院して下さい」との事。

けれど、そんな心の準備もないし、お家のペットも気になるし、雪も降ってた(⁇)ので、

駄々こねて家に帰ってしまいました

今思えばなんておバカな事したんだー!と思います。反省‥

結局2日後に、1ヶ月の予定で入院したのですが、
「2人の体重差が1/3あり、どちらの子にも色々と危険です。」
と言われ、入院1週間で帝王切開手術をすることになりました。
第二子の母子手帳発行してから10日後にはオンギャー!出産ということになってしまいました
いとこに、「ジェットコースター出産やったねぇ」と笑われ、

うまいこと言うなぁ、使わせてもらおう!と、いつも使わせてもらっております!

その後、双子姉は2ヶ月入院して、「母の日」に、双子妹は3ヶ月入院して「父の日」に元気に退院し、

我が家に帰ってきました♫

 

初めての育児なのに2人も!

周りには、雑だ!雑だ!と言われながらも、まぁまぁ楽しく育児したかなぁと思っています。

ただ!病院で教えてもらった「ラグビー抱き」の双子同時授乳と、夜泣きにはかなり疲れました。
「ラグビー抱き」、、その名のとおりベビー2人の頭をラグビーボールのように抱え持ち授乳する方法です。
母乳って結局血液なので、2人一気に授乳するって事は時短ではあるけど、私の血液が一気に吸い取られていく‥

という事なので、授乳途中からめまいと吐き気に襲われてとても辛かったのを覚えています。

夜泣きも、1人が泣き出すともう1人も泣き出す、という夜泣き大合唱がはじまり、

エンドレス夜泣き地獄に突入します。睡眠が取れないのって本当に辛いですよねぇ。

けれど、その中でスヤスヤと眠り続ける夫にいつも(゜-゜怒)

必死に夫を起こし、夜泣き地獄に招待したのも、微笑ましい思い出です

あれから12年、、2人は小さいながらも、大きな病気もケガもなく成長し、

(途中、双子語のみで会話しだしたりして焦ることもありましたが)今年中学生になりました。
母として物申したいことは多々ありますが、誰にでもキチンと元気よく挨拶‥は、出来るのでそれでいいです♫

これから、双子産む方、育ててる方いらっしゃったら是非お力にならせて下さいましー

投稿者:㈱ポータルハートサービス

サポートスタッフ 岩田

短時間正社員

2019年06月28日

「お楽しみ様です。」と声を掛け合う中特グループに、パートとして入社しました。

入社2年目。正社員になりませんかと声をかけて頂きました。

ありがたい話ですが、フルタイムで働くことで、子どもに負担をかけたくないので、

お断りしようと思っていたところ「短時間正社員」の選択を示して下さいました。

 

「短時間正社員」は始業時間が9時なので、子どもを学校へ送り出して、仕事に向かうことができます。

帰宅は私の方が少し遅いので、心配でしたが、宿題や手伝いをして待っていてくれ、

私が専業主婦で家にいた時より、できることをしっかりするようになりました。

子どもの成長を感じる瞬間は、疲れも飛んでしまいます。

 

冒頭の挨拶について、一般的には「お疲れ様です」なのですが、

中特グループでは「お楽しみ様です」とあいさつを交わします。

疲れている→充実している→楽しいことだよ!と展開して「お楽しみ様」とあいさつするのです。

家庭も仕事も自分自身も、全て頑張りたいと、欲張りに願う私を、会社は応援してくださいます。

色々な経験を通して、充実感を楽しみに変えて成長していきたいと思います。

 

投稿者:河村智美